片思いであっても人を愛する素晴らしさを感じましょう。

失恋から得られるもの

失恋から得られるもの

下校していく学生カップル

 

 

異性に恋をして、それが実らぬ片思いに終わること。

 

ロシアの小説家、フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーは、こんな風に言いました。

 

「愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。」

 

好きになればなるほど、辛い感情ももそれに比例し倍増する。恋愛の方程式はそんな厳しい現実を突きつける冷酷非情なものであり、時としてその感情が人を成長へと導き、そして"だから恋愛が素晴らしい"ものなのかもしれません。

 

「本当に好きな人とめぐり逢う本」の著者でも知られる、米国の心理学者、バーバラ・デ・アンジェリスは、"愛することによって失うものは何もない。しかし、愛することを怖がっていたら、何も得られない。"と言う言葉を残しています。

 

失恋を恐れて恋をしない人生には、恋愛観や人生観に新たな発見や成長はありません。人生を自ら切り開くべく果敢に異性を想う気持ちを育んで恋をする気持ちが大切なのです。

 

ギリシャ神話で恋愛を司る神として崇められるアフロディテ(Aphrodite)は恋愛感情のあるすべての生き物に平等に幸福感を得られるよう創造しています。

 

愛することを恐れず失恋を恐れず強い自分を育んでください。辛い経験をして乗り越えたあと、人は美しくなります。未来は自ら切り開くもの。失恋を恐れず異性を愛する気持ちを育みましょう。恋愛観も切り開いてこそ磨かれるのです。

関連ページ

波乱の人生をおくったマリリンモンローの言葉
3度の離婚後に発言したマリリンモンローの言葉
一目惚れは恋愛交通事故のようなもの
一目惚れの瞬間の人の感情について
好きな人の目を見て話せない?
異性と話すときは相手の目を見て話す大切さについて
片思いをしている相手と目を合わせられないのはなぜ?
勇気を出して目を見つめてみることも大切?
付き合う前の時間は好きの感情を確かめる時間
付き合う前に友達の期間を設けて相手のことを確かめてから付き合うと長続きする?
浮気に気づくための兆候(サイン)
浮気に気づくための兆候について
別れを告げる場合、配慮すべきこと
恋の終わりにあなたはどんな別れの仕方をしますか?
元カレを引きずってしまう人、吹っ切れる人
新たな恋愛に進むための心の整理、持ちようについて
大好きな人とのデートは酔わない?
どうして好きな人とのお酒の飲酒、酔わない?
プロポーズをしてこない彼と何年ガマンできる?
彼からのプロポーズ。あなたは何年待てますか?
最愛のパートナーと思っていた人がそうでないこと
"最愛の伴侶"は人生の終焉にのみ知ることができる?
「愛しすぎて嫉妬する」は単なるワガママ?
ゆとりある相手を。思いやる恋愛を選ぶ。
女性は辛いときに優しくされることに先天的に弱い?
「私が辛いときに傍で支えになってくれたのが彼でした。」
オンナ扱いしてくれない男子をドキっとさせて意識させるには?
恋愛に逆転勝利は日常茶飯事?好きな異性を振り向かせるための基礎講座
"ルックスは普通。でも、モテる女性"は○○が上手?
異性からモテるための会話学について考察