異性からモテるための会話学について考察

"ルックスは普通。でも、モテる女性"は○○が上手?

"ルックスは普通。でも、モテる女性"は○○が上手?

楽しそうに会話が弾む男女

 

自分から話題を考えるのはモテるための努力?

 

周囲に、可愛いけれどもあまりモテない友人、たいして可愛くないけれどもモテる友達など、両極端なキャラクターは居ませんか?

 

こういったタイプの両者に、異性に好かれる差があるとすれば、どんなところなのか?紐解いてみると面白い発見があるものです。

 

モテる要素というものは容姿だけではありません。男性の多くは女性をまずは「本能」で見定めています。それは、視覚(=見た目)であり、聴覚(=声)であり、嗅覚(=香り)。さらには、仕草や、行動が自分に向いているかを見定める、脳が感じる心地よさだったりもします。

 

そして、さらに大事なことは、人間だけが持つコミュニケーションという能力の適合性です。"美人はしゃべらなくてもそこに居るだけで良い"というような表現で、美人が特別な存在であることを表現する場合もありますが、本当にその"高嶺の花"を最愛のパートナーとして求める人が多いかというと、決してそのようなことはなく、男性の多くは、ある程度の自分好みの見た目のあとは、自分との波長、=つまり会話や居心地の良さを求めているものです。

 

だから、会話をするということはとても大切なこと。

 

相手の男性が無口な場合であっても、シャイがゆえに口数が少ないだけの人もいます。自分から話題をふって、相手の返しを引き出すことで、相手が心地よいと感じる接し方をすることで好意を抱く感情は生まれるのです。"たいして可愛くないけれどもモテる女性"は、自然とこれが出来ている場合が多いです。

 

また、難しいのは、ただ会話が多ければ良いというわけでもありません。マシンガントークで、疲れさせる会話術であったり、相手が露骨に不快に感じているのに、それに気づきもせず、自分本意な会話を延々続けてしまうのは逆効果。空気を読みながら、話題を考えて適度にふってみる努力も、異性と距離を縮めるための大切な要素なのです。

関連ページ

失恋から得られるもの
偉人の言葉を借りて、失恋を恐れぬ強い心を生み出す訴求を行っています。
波乱の人生をおくったマリリンモンローの言葉
3度の離婚後に発言したマリリンモンローの言葉
一目惚れは恋愛交通事故のようなもの
一目惚れの瞬間の人の感情について
好きな人の目を見て話せない?
異性と話すときは相手の目を見て話す大切さについて
片思いをしている相手と目を合わせられないのはなぜ?
勇気を出して目を見つめてみることも大切?
付き合う前の時間は好きの感情を確かめる時間
付き合う前に友達の期間を設けて相手のことを確かめてから付き合うと長続きする?
浮気に気づくための兆候(サイン)
浮気に気づくための兆候について
別れを告げる場合、配慮すべきこと
恋の終わりにあなたはどんな別れの仕方をしますか?
元カレを引きずってしまう人、吹っ切れる人
新たな恋愛に進むための心の整理、持ちようについて
大好きな人とのデートは酔わない?
どうして好きな人とのお酒の飲酒、酔わない?
プロポーズをしてこない彼と何年ガマンできる?
彼からのプロポーズ。あなたは何年待てますか?
最愛のパートナーと思っていた人がそうでないこと
"最愛の伴侶"は人生の終焉にのみ知ることができる?
「愛しすぎて嫉妬する」は単なるワガママ?
ゆとりある相手を。思いやる恋愛を選ぶ。
女性は辛いときに優しくされることに先天的に弱い?
「私が辛いときに傍で支えになってくれたのが彼でした。」
オンナ扱いしてくれない男子をドキっとさせて意識させるには?
恋愛に逆転勝利は日常茶飯事?好きな異性を振り向かせるための基礎講座