終電を逃して徒歩で帰宅中にあった数奇な出来事

どうしてその日終電を逃したのか

タクシーに乗らず深夜に徒歩での帰宅を選択したこと

夜の人気のない帰り道

 

 

先日、仕事の同僚とお酒を飲んでいて、ついつい盛り上がり、終電を逃すという失態を犯しました。妻からはタクシーは絶対に使ってはダメと釘を刺されていたし、持ち合わせのお金もあまりありませんでした。

 

多少酔っ払ってはいたけれど千鳥足なわけではなく頭もしっかりしていたので、思いきって歩いて帰ってみることに。

 

ふだん電車で10分と15分の乗り換え区間という距離なのですが、スマホをいじくりながらテクテクと自宅に向かって歩き始めました。半分以上の地点を過ぎたとき、時刻を見たら深夜の2時半過ぎ。歩き始めて1時間半ぐらい経過していました。

 

しんどいなぁって思いながらも、少し早足で自宅の方角を目指して突き進みました。その直後ぐらいでした。

 

道端から少し反れてぐったりしている女性が居ました。地面に腰から折れて寝そべって、ちょっとただ事ではない雰囲気でした。

 

最初は、無視しようかと思ったのですが、引き返し声をかけてみると、顔面蒼白で、意識がもうろうとしているようでした。いくら体をゆすって声をかけても一考に応答する気配もなく危険な感じがしたので、僕の判断で救急車を呼びました。

 

10分ほどで現場に到着し対応をしました。救急隊員の方いわく、急性アルコール中毒の症状だと仰っていました。

 

あなたが通りがからなかったら非常に危険な状態でしたと御礼をされました。後日回復した女性からも電話での御礼、実際に尋ねてきての御礼と、重ね重ね命あることを感謝されました。

 

もしあのとき、僕がタクシー代をケチらないでタクシーを使っていたら・・・。いろいろ考えるとこのときこの時簡に、僕が人を救うという宿命だったかのような何か不思議な出来事に感じました。

 

こういう"自分が何かをするためにそこにいること"…ってありませんか?

関連ページ

ただの勘違い?奇妙な数字の重なり
奇妙な日付に纏わるエピソード
自分の名前を喜んでくれた義理の両親
自分の名前は義理の両親も予知していたという不思議な物語をご紹介
彼の十数年前の家族写真に写っていた人物とは…?
彼の十数年前の家族写真に写っていた人物は衝撃の人物とは…
破局直後に気持ちを投稿してくださった男性
破局直後に気持ちを投稿してくださった男性のエピソードを掲載。
スマホの誤作動で元彼と・・・
意図せず繋ぎ合わされた男女の運命の再会のストーリー
異国の地で出遭った二人
異国の地での不思議な巡りあわせの物語
都内在住のOL女性から寄せられた奇跡体験
仕事帰りに奇跡の再会を果たしました。
結ばれるまでの過程をどう捉えるか?
最愛の人物とめぐり合うまでの過程を出会いの種類と考えます。
社会人になって再会した同郷の元恋人と結婚
将来結婚する相手と長い歳月を経て再会する出会いについて
恋のキューピットがツイッター?
SNS(ツイッター)を通じて知り合った人と親しくなりお付き合いするまでにいたった女性の出会い体験談です。
つきあって1ヶ月で彼女から突然の別れ。その理由は…
2年前の恋人とのエピソードを投稿してくださった男性のお話
大学時代の友人が紆余曲折の末に最愛のパートナーに
27歳の男性が投稿してくださった出会いのエピソード
今の夫は中学で隣の席だったことがきっかけで結婚
29歳主婦の方からの投稿記事をご紹介。
アルバイト先の休憩時間が同じ彼と…
アルバイト先での不思議な御縁は二人が出会うためのきっかけだったのでしょうか?
フィアンセは自転車通勤で転んだ私を介抱してくれた人
大阪に御住まいのOLの女性からのエピソード
サーフィンをはじめて人生が変わった女性
サーフィンをはじめて未来が変わった女性の逸話